鏡面に一人
二人は睦まじく
三人が見たもの

何故その人はそこにいたのか?

 

それは偶然なのか、それとも必然だったのか。人物が風景の中に解け込み、自分はそれを完成だと感じた。

 

見知らぬ人物から放たれた物語を、風景と交えて想像する。長々とした撮影者の説明よりも、見られた方が物語を作る方が面白い。写真は撮った人のものではなく、見られている方のものなんだ!

 

そんなふうに今は思えてならない。

 

Why are they there?

 

Is it a coincidence or destiny? The person melted into the landscape and I felt it was complete. 

 

Imagine a story from an unrelated person with a landscape. It is more interesting that the viewer creates a story than the photographer explains. The photograph is not for the photographer. It s for the viewer!

 

I think so.

 

ブログランキングに参加中★クリックでPHOGRAPHINOに一票お願いします◎

何故そこにいるのか?