高山市美術展覧会 市展賞

高山市美術展覧会で市展賞を頂くことが出来ました。日々、迷いながらシャッターを切り続けているっすが、そんな自分にとって、今回の受賞は、少しだけ気を楽にさせて貰えました。   1番に選んで頂いた事も嬉しーっすが、多くの人に見て貰える事が、自分にとっては何より光栄な事と思うす。 自分の写真は、人に見て貰えて、その方が何かを感じたら、その時ようやく写真と言う形になるのかなーって思ってっす。だから、もしかし [ ↪︎ Read More ]

木ノ主

木ノ主 この辺りの主なのか、その存在感は他とは違ったように見えた。ただ、それはあくまで俺の目から見た印象で、自然界においては、大きさのみが重要ではない場合が多いと感じる。ただ…人がどう感じるだけの話。 よく人は木に魂が宿ると考え、それを拝み神聖な気持ちになる事がある。神木なんかがそれだと思う。文化や習慣について多くを述べる事は野暮たいのでここではしないけれど……、俺は良い事だとも思う。 ただ、聖域 [ ↪︎ Read More ]

ミドリノチカラ

ミドリノチカラ 今夏撮った緑の写真。個人的に力強い印象を受けた数点を選んでみた。腐った足で森や林道をサマヨイながら、必然よりも偶然の出会いを期待し、目の前に現れたものを撮った。今のところ、感情を写真に載せて撮れるものは、”木”ぐらいしかなくて、それ以外は記録写真的なものしか撮れない。そちらの方こそ、撮影の芯みたいなものにサマヨイ感あるかもしれないw。 森の中の木を見ていると、エゲツないほど感じるの [ ↪︎ Read More ]

Japanese serow カモシカ in the forest.

その日は久しぶりに出るであろう白い月を撮りに山へ。しかし間に合わず。乗鞍岳にもあいにく雲がかかり撤収の雰囲気。すると藪からガサゴソ!若くてまだ白い毛のが姿を現した。顔も正対象で虫もまだついていない、綺麗な顔の子。 大抵は茶か灰か、そのどちらかの斑らで、年を取っていると、鼻先にダニか何かのイボがついていて、それが画に野生感を引き出すのだけど、今回は色も良く、神聖なイメージで残せるかもと思って撮った。 [ ↪︎ Read More ]